人気ブログランキング |

<   2006年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

なぜか知らんが…

昨晩は、24:30頃に寝付いたと思います。・・・が、3:28に胸騒ぎがして目が覚めてしまいました・・・。別に悪い夢を見たわけではありません・・・。その後、全く寝付けません・・・。4:10に会社に来て、ず~と仕事をしていました。8:30に、ニューとびしまの乗船手続き(団体を送り込んだ)と9:30までの出船確認をしました。

気持ちが悪いのは、夜寝れなかったこと・・・。僕自身、意識はしていなくても、心の底で何か不安に感じていることがあるからなのでしょうか?

皆さんはそんな夜を過したことはありますでしょうか??

by tom_motoki_o | 2006-08-30 11:23 | 日常の出来事

Coming soon!!

8/25 JC8月定時総会
8/26 上山JC創立30周年
8/26 みちのくダービー モンテ‐ベガルタ 観戦記

のちほどUpします。お楽しみに・・・。

昨日は、鶴岡でサッカーの試合がありました。猛暑でした。今一記憶にありません。試合は1-5で惨敗です。僕もいいとこがほとんどありませんでした。決定的なスルーパス、ロングパスを3本ほど出しましたが、得点には繋がりませんでした。また、腰が痛いです。

by tom_motoki_o | 2006-08-28 09:12

みちのくダービー モンテディオ山形‐ベガルタ仙台 観戦記

b0082459_1143454.jpg上山JCさんの30周年の後、天童にてサッカーJ2のモンテディオ山形ホームゲーム(対ベガルタ仙台戦)を写真のメンバーと僕の計4名で観戦してきました。まさのり理事長と池田大ちゃんはモンテディオ初体験だそうです。対ベガルタ仙台戦は、隣接県のチーム同士の対決ということもあり、通称「みちのくダービー」などと呼ばれていて、試合はいつも非常に盛り上がります。池田大ちゃんは、初めてのサッカー観戦で少々緊張気味・・・「勝手がわがんね・・・」だそうです。まさのり理事長はスタジアムの模様を携帯で写メを送っているようでした。たまたまモンテディオ応援団のちょうど近くに座ってしまい、賑やかな観戦となりました。多くのベガルタ仙台サポーターが仙台市内から高速道路で1時間程度の天童での試合には駆けつけます。





b0082459_1145394.jpg選手入場です。会場に入場した時に配られたオリジナルの袋(表:青・裏:白)を頭上に掲げ「Over The Rainbow」の合唱です。「お~お~お~おおおお、お~お~お~・・・」延々とリピートします。最後はリズムが早くなり、否が応でも気持ちが盛り上がります。








b0082459_115995.jpg試合開始後も近くの応援団の影響で、なかなか落ち着いてサッカーの試合を見ていられません。立ち上がりこそ仙台のシュートがゴールバーに当たるなど、危ない場面がありましたが、試合は終始、山形ペースで進みました。前半にコーナーキックからヘディングシュートで山形が先制すると、後半も山形がカウンターを仕掛け、もうちょっとで追加点・・・というシーンがちょくちょくありましたが、1-0のままで終盤に差し掛かります。終盤、ベガルタの助っ人外国人が中心になって猛攻が続きます。反撃もなんとか凌ぎきり、結局1-0でモンテディオ山形が勝ちました。試合終了のホイッスルとともに・・・。






b0082459_116859.jpg「な、なんだ??」の表情ですね。皆、驚きを隠せません。隣にいた応援団が一斉にモンテディオカラーの旗を振り回して大喜び。しかし、まぁ。モンテディオのサポーターもベガルタのサポーターも恐ろしいくらい熱狂的です。特に敵地山形に乗り込んできた仙台サポーターの気合の入りようにはビックリです。試合中盤、山形ペースで進むと「おまえら勝つ気があんのか~!!」と試合中の選手たちを罵倒するような野次。「やる気のない奴は去れ!!」の横断幕・・・。各々の地元のチームを愛するが故の野次なんですよね、きっと。

初めてサッカーを観戦した2人にはある種のカルチャーショックを受けたことでしょう。




b0082459_1163230.jpg天童のスタジアムには何回か観戦に行ったことがありますが、やっぱり落ち着いて観戦できるメインスタジアムの方がいいです。自分の前のファンの方々が立ち上がって応援するので、僕も立ってでないと試合が見れない。応援団の一挙手一投足が気になって、本当に試合にゲームに集中できないです。

ちなみに、別に僕はモンテディオ山形のファンではありません。ただのサッカーばか蔵です。楽しいゲームが見たいのです。でも、やはり地元のチームには頑張ってもらいたいですね。ファンではありませんが、モンテディオ山形のユニフォーム(ホーム用ももアウェイ用も)はかっこいいと思います。

by tom_motoki_o | 2006-08-26 19:00 | サッカー

上山JC創立30周年記念祝賀会

b0082459_2021485.jpg上山JC創立30周年記念祝賀会での一幕です。焼酎大好き、服部副理事長。上山JCのメンバーの方々が持ってきてくれた数々の焼酎を全部もらっていました。一口飲んで「はい、次…。はい、次…。」隣にいた僕は帰りの車の運転がありましたので、飲めませんでしたが、正直、羨ましかった…。服部副理事長は本当においしそうに飲むんだもんなぁ~。でもって、気に入った味の焼酎だけ、自分用にコップでもらっていました。しかしまぁ、色んな焼酎があるんですね。ビックリしましたよ。ごぼう焼酎、とうもろこし焼酎、トマト焼酎、牛乳焼酎…なんだっけなぁ、他にも変り種の焼酎が色々ありました。でもって、焼酎を飲めない僕を通り越して、数々の変り種焼酎の行き先としては・・・





b0082459_20221014.jpg会務理事の佐藤大ちゃんです。

回ってきたグラスを一口…。

ゴクッ…





b0082459_2021598.jpg「あ~」









b0082459_20222048.jpg「ん!!なんですか、この味は…??」

この表情をご覧のとおり、佐藤大ちゃんもびっくりのごぼう味…「ご、ごぼうですか?これだけは臭いでわかります…い、いえ、もう結構です…」

どうやら、ごぼう焼酎はお口に合わなかったらしい…。

皆さんも機会があったら一度試してみて下さい。



b0082459_20224456.jpg次は、この写真・・・ウーロン茶の瓶です。1,2,3,4・・・この写真だけで全部で11本も転がっています・・・。









b0082459_20231458.jpg犯人はこの2人・・・。かず君と上ちゃんです。上ちゃんは腹を抱えて笑っていますが、酔っ払ってはいません。オール・ウーロン茶です。

2人のウーロン茶の注ぎ合いは非常に激しいものがありました。隙あらば、相手のグラスが溢れんばかりにウーロン茶を満たしています。







b0082459_20232816.jpgこんな感じに、表面張力の実験でもしているのではないかと・・・。でも、テーブルには一切、ウーロン茶はこぼれていません。なかなかできるものではありません。帰りの道中、二人は何回、トイレ休憩を取ったのでしょう・・・。あれだけウーロン茶を飲めば、トイレによるのは1回や2回ではきかないはず・・・。

その他、懇親会の設えも手づくりというか、趣向を凝らしたものが多く楽しむことができました。フレッシュジュース・コーナーも大人気(上ちゃん、×ゲームではないので、きゅうりとトマトのジュースはやめましょう・・・)。お金をかけない祝賀会・・・心をこめた手づくりの祝賀会・・・シンプルでしたが、実際に楽しめたし、勉強になりましたね。

でも、最後の「明日のために」(JC関連のもうひとつの歌です)にはビックリしました。酒田JCでは、あのような場ではいつも「若い我ら」の合唱なもので・・・今後のために別バージョンへの対応も練習しないといけませんね。

by tom_motoki_o | 2006-08-26 15:30 | JC

上山JC創立30周年記念式典

b0082459_1928517.jpg今日は、上山JCさんの創立30周年記念式典、および祝賀会が執り行われました。ここではまず記念式典についてお話させていただきます。

僕は現在31歳。そう上山JCさんとほぼ同い年です。そう思うと何か親近感が涌いてきます。酒田JCは今年、創立40周年をむかえましたが、お互いに長きに渡り、それぞれの地域になければならない存在であると思います。今年は、山形県内の8つの青年会議所で○周年とかいうのがありますが、今回の上山JCさんは「手づくり」がキーワードだそうでした。登録料は他の周年事業の半分以下…正直、これだけでも驚きです。お金を掛ければいいものができる、というわけではないのだ!!と何かメッセージめいたものを感じたのは僕だけだったでしょうか?

これまで所々の周年行事に参加してきましたが、今回の上山JCさんの周年行事は非常に勉強させられました。まず式典会場の吊るし看板も上山JC・松田理事長の手書きだそうです。普段でしたら、看板屋さんにお金をかけて造ってもらうところなのでしょうけど、その「手書き」という発想からして素晴らしいと思いました。
b0082459_19294336.jpg今回は、ドレスコードも浴衣かクールビズということでした。僕は自前の浴衣を持っていませんので、当初普通にクールビズ・スタイルで参加しようと思っていました。ところが、まさのり理事長の粋な計らいで、浴衣を持っていないメンバーの分を準備して下さいまして、皆が浴衣で参加することができました。我々、酒田JCの40周年の時は、酒田まつりに参加して欲しいという思いもあり、半纏、法被等の各地のおまつりスタイルでの参加を呼びかけました。各地のJCさんの色とりどりの半纏・法被で酒田まつりにも一味も二味もエッセンスとして加えられたと思います。今回の浴衣も同じで、上山が「日本一浴衣の似合う地域(まち)」というコンセプトで地域(まち)づくりをされいるということで、今回も浴衣で上山の町を浴衣で歩いて欲しい、という上山JCさんの計らいからだったのだと思います。僕も旅館に泊まる時以外では久々の浴衣姿で、なんか気持ちが良かったです。もっと肩幅広く浴衣の似合う男になりたい…今から体型はかっこよくはならないかなぁ~。



b0082459_19301693.jpg最後に、西村顧問の着付けシーンです。上山JCの女性メンバーの方から、しかも2人がかりで着付けをしてもらっていて、なんかご満悦でした。笑顔が物語ってます。

by tom_motoki_o | 2006-08-26 13:30 | JC

2006年度 8月定時総会 祝賀会

b0082459_12124649.jpg8月定時総会です。例年、この時期の総会で2006年度の補正予算と2007年度の役員・監事の承認を決議を致します。
2006年度補正予算については、2006年度前半戦の事業決算を経て、今後の活動内容の確認をします。
2007年度の役員については、7月の総会で承認を受けました2007年度服部理事長体勢の中核をなす理事の承認を受けます。初めて理事になる方が4人でしたかいらっしゃいます。何をどうしたらいいのか分からなくてドキドキでしょうが、服部理事長(予定者)と何度も何度も話あっていただき、服部理事長(予定者)の考えを理解して、且つ、自分の色を出せるように頑張っていただきたいです。僕は、2007年度の役員として名を連ねておりませんが、色々と相談させていただいた結果ですし、理解していただいた服部理事長(予定者)には感謝しております。僕自身、2004年草深理事長時代に会務理事を、2005年羽田理事長時代に事務局長を、そして今年、2006年昌則理事長時代に専務理事と事務方の役員ではありますが、3年続けて役員として籍を置かせていただいております。現在進行形ではありますが、毎年その組織体系が変わるJCの中で3年間事務方の勉強が出来たのは、その理解を深める上で、非常に貴重な時を送らせてもらっていると感謝の気持ちがつきません。

b0082459_12315136.jpgJCとは1個人にとって毎年が初めてのことで慣れてきた頃には、また次の年になっている、ということが往々にしてあります。事務局というのは、自身で事業をすることはありませんが、酒田JC全体のことに目を配らせなくてはいけなく、なんて言いましょうか、「広く浅く」というか会の運営についての理解を深めることができます。これは組織体が変わっても、会の運営方法はそう大きく変わるものではありません。僕は似たようなことを3年続けてしているわけですが、僕自身、あることを理解するのに人の3倍は時間が掛かる頭の固い人間であると思っているので、この3年間は非常に有意義な時間なわけです。また0から、今度は事業系の委員会に属し、また違った面のJCを勉強したいと思います。そしてその中で、僕の今まで勉強してきたことを活かしていければなぁ…と思います。




b0082459_12534862.jpg祝賀会は、今年40歳を向かえJCをご卒業される州さんの思い出話を聞き、開宴となりました。州さんが初めて理事として承認を受けた時のことを「8月総会には苦い思い出がある」とおっしゃっていました。「今に思えば懐かしい…」と。JCは40歳になると、その年の年末に卒業という名の下に、追い出されてしまいます。どんなに本人が残りたいといっても、40歳の年に理事長をやる以外、居残ることは認められません。だから「40までにJCでやりたいことを精一杯やりなさい」と多くの先輩達から言われます。僕は今、31歳であと9年JC活動をすることができますが、何をしたいのかなぁ…と改めて考えてみたいと思います。州さんのお話を聞いて、改めて感慨深い思いになった1日です。





b0082459_12575691.jpg閉めは「若い我ら」の大合唱です。ソングリーダーは長年担当していらっしゃいました羽田直前理事長からあべけんさんば君に引き継がれつつあります。羽田直前理事長の採点は何点ぐらいだったでしょうか?僕は円の外でラジカセを持ち上げ音響担当をしていた、あべべ君にMVPを送りたいです。

そんなこんなで、今年も8月定時総会を終え、残すところあと4ヶ月となりました。最後まで精一杯、酒田JCの専務理事を楽しみたいと思います…楽しめる余裕があればいいけど…。総務委員会の皆様、充実した設え、ありがとうございます。色々と工夫を凝らす今年の総務委員会は、本当にすごいと思います。今までにない総会運営だと思います。12月定時総会も宜しくお願い致します。

by tom_motoki_o | 2006-08-25 18:30 | JC

冥王星…そんなことよりも…

太陽系第9惑星が消滅――「冥王星は惑星ではない」ことに決定

 冥王星は「惑星」ではない――国際天文学連合(IAU)が8月24日、総会で採択された「惑星」の新定義を発表した。この結果、冥王星は「惑星」ではなく「矮惑星」と定義され、太陽系の惑星は、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の8個となることが決定した。

 新しい定義によると、太陽系の惑星は「太陽の周囲の軌道を公転し」、「自身の重力により球状を形成し」、その重力により周囲の天体を吸収するため「自身の軌道近くにほかの天体(衛星を除く)がない」天体とされる。

 一方、新たに設置された「矮惑星」の定義は「太陽の周囲の軌道を公転し」、「自身の重力により球状を形成」するが、「自身の軌道近くにほかの天体が残っており」「衛星ではない」天体。周囲に同程度の天体が発見されている冥王星は、この代表例とされた。

 「矮惑星」には、冥王星のほかにセレス(火星と木星の間にある天体)、2003 UB313(2003年に発見された天体)が含まれる。さらに10個以上の天体が矮惑星候補として挙がっており、今後IAUによって新しい矮惑星が発表される可能性があるという

>上記の文面は、他のページからコピーさせてもらいましたが、皆さんも耳にしたのではないでしょうか。昔から呪文のように唱えていた「水金地火木土天海冥」が「水金地火木土天海」で終わってしまいます。なんか物足りないですね。でも、天文学者の方々には大変申し訳ないと思うのですが、「だから何…」というのが正直な感想です。

時代がスターウォーズのようにファルコン号で銀河の端から端まで行けてしまう世の中なら大変なことなのかと思うのですが、僕らは地球から旅立つどころか、日本を出るにも一苦労です(仕事にしている人間の発言ではないですね…)。冥王星が太陽系の惑星でなくなったからといって我々の周りで起きている問題が解決されたわけではありません。

冥王星どうこうよりも、日本だけの話をすれば竹島(独島)や北方領土の問題を解決した方が、より平和的ではないかとTVを見ていて思いました。先日も漁師の方がロシアの巡視艇から銃殺されましたし…より現実的な問題だと思うのですけど…。なんで日本政府は「北方領土が日本固有の領土」であるなら未だにロシアが統治しているような現状をそのままにしているのでしょうか?交渉していても、あのような事件が起こるのであれば意味がありません。日本の領土なら日本の領土で、全てにおいて日本統治の状況になるまで全力を尽くして欲しいと思います。ムネオハウスなんてあっても意味ないじゃん!!日本の領土なら国後島周辺でかにを捕ってもいいじゃないですか?素人の考えなのかなぁ?

竹島(独島)問題もそうです。曖昧な状態(現状は韓国が統治している)でいるから、反日感情のネタになるような状況なのだと思います。まぁ、それがなくても何かにつけて日本を批判するのが好きな国のように思いますが…。お互いの国の漁業権に影響する問題だから、こうも拗れるんでしょうけど…日本のものでなければ輸入しなければならない…。韓国、ロシアからしてみれば貴重な輸出財源を日本の領土に戻るとお金にならない…それが嫌なんでしょうね。

宇宙の広さの問題には夢がありますが、もっと身近な問題に直面している人の問題の解決へと1日でも早く近づくことをお祈りいたします。

…チューバッカ、暑そう…・。

by tom_motoki_o | 2006-08-25 12:48 | 日常の出来事

よ~く考えよう~お金は大事だよ~②

昨日の記事で「IBEX 伊丹-庄内 運休」と書きましたが、新情報です。

運休期間は9/19~9/30のみ。10/1~は平常どおり運航再開するそうです。

直行便のスケジュールは

大阪・伊丹空港 09:55発 ⇒ 庄内空港 11:10着
庄内空港 11:35発 ⇒ 大阪・伊丹空港 12:55着

…これも今までどおり…。せめて1日、朝・夕2往復とかならんかね~。でもって料金も庄内-羽田-伊丹と同料金にする!とか…。直行便の方が経由便よりも高いんですもの…はるかに。どうしても小型機の方がジェット燃料などの固定費用比率が大型機のものより高くなるとは思うのですが…。

庄内空港 07:15発 ⇒ 羽田空港 08:15着・・・羽田空港 09:00発 ⇒ 伊丹空港 10:05着
伊丹空港 18:00発 ⇒ 羽田空港 19:10着・・・羽田空港 20:15発 ⇒ 庄内空港 21:15着

・・・羽田経由した方が移動時間は長くかかるが、現地の滞在時間も長~くとることが出来る…しかも、交通費も安い!!…これも大阪便の不調には少なからず影響している、と思うんですよね。

しかし、担当の方も「運休ですか?」「…そうなんですよ」…て再開が決定してるなら最初から教えてくれよ!!

by tom_motoki_o | 2006-08-24 15:33 | 日常の出来事

よ~く考えよう~お金は大事だよ~

b0082459_12513544.jpgCMでもおなじみのAflacです。皆さんも十分承知していることと思います。お金は大事なんです!!いきなり何かと思いますよね。

実は僕も今日気が付いたのですが、庄内空港-大阪伊丹空港を繋いでいるIBEXエアラインの小型飛行機が9/19~運休されるようです。まぁ50人乗りの小型機で平均搭乗率30%程度…約15人…普通運賃31,900円…478,500円では大阪まで飛行機を飛ばすことは出来ないですよね…いくら小型機でも無理です。

前はANAの中型機166名乗りで運航していたんですよ。それが搭乗率低迷で業務提携をしているIBEXで運航されるようになりましたが、それでも全く伸びなかったんですよ。この仕事していても大阪便など本当稀にしか手配しません。月1~2回?そんなもんです。これは僕の努力が足りないのかとも思っていましたが、そもそもの需要が少ないのではないでしょうか?

一番困るのは、運休だの就航だの、あぁだの、こうだの…やっていると地元の方々が困惑するということです。「今、大阪まで直行便飛んでたよね~」「いや、この前から運休なりましたよ~」「えっ?マジで…」そんな会話にえてしてなるもんです。

そもそも、搭乗率が伸びないのは就航される前から予想されていたことなのです。では、なぜ就航に踏み切ったのか…?はっきり言って謎です。都市計画という部分では、航空会社の方々からもよ~く検討していただいて、地元行政ともすり合わせをしてもらわないと、このような事態に陥り、結局は、実際に利用されるユーザーの方々が迷惑するのです。

僕もお金の使い方はよ~く考えたいと思います。ここ最近、お酒の飲み方もえらい変わりました。友達と居酒屋でチビチビやるのが楽しくて仕方ありません。

by tom_motoki_o | 2006-08-23 13:13 | 日常の出来事

朝起きたら、リビングに妹がいました。東京にいるはずの妹がいました。「おぉっ…」とビックリしてしまいました。今日、遅い盆休みで帰ってくるとは聞いていましたが、まさか寝台だったとは思ってもみませんでした。

寝起きのテンションが激低の僕…妹は「機嫌が悪い」と思ったらしいです。昔からのことなので、いい加減理解して欲しいです。朝一から、機嫌が悪いなんてことはありません。寝る前に機嫌が悪くても、寝て起きたら機嫌が良くはなっていませんが、気分的にはニュートラルの状態に落ち着いています。そんなもんです。

妹とは歳がやや離れています。小学校入れ違いです。なので、悲しいかな、たまに世代差(generation gap)を感じます。昨年の正月以来の帰省なので、今日は早く帰って話し相手になってあげようと思います。本人の希望で写真は掲載しませんので、あしからず…。

ちなみに僕の家系は父・母・姉(長野)・俺・妹(東京)と母方の祖母が同居です。「姉、妹の真ん中の3人きょうだい…」というと「あぁ、なるほど…」と言われます。なんでだ??

by tom_motoki_o | 2006-08-22 09:11 | 日常の出来事