人気ブログランキング |

<   2006年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧

羽越本線 8月9日に運転再開

JR羽越本線が8月9日の16:00より27日ぶりに運転が再開されることが発表されました。僕の仕事だけでなく、我々庄内人にとおて喜ばしいことです。お盆に帰省してくる人達の陸路の選択も通常通りに回復するワケです・・・。

本当に直ったの?もう土砂崩れは起きないの?正直、僕は疑問を隠せません。地すべりが起き、土砂が流れた斜面の土台はゆるくなってないの?土砂が流れ込んだ線路や国道の地盤に歪みはないの?また大雨が降った途端に、ズド~ンなんてことにはならないんですかね~。ちゃんと検査をしたとは思いますが、JRさんのここ最近の不祥事というか、なんかやっつけぽく感じるんすよね。昨年12月の脱線事故の時も、羽越線全線の安全を再度検討する・・・みたいなこと言っといて、土砂崩れは天災だから仕方がない・・・なんて、不可抗力のせいにされたら、何に対しても文句は言えなくなります。今回の土砂崩れは事前に危険を感じ、食い止める工事とか事前にできなかったのでしょうか?信用してもいいんでしょうか??

これが東京のように、小田急や京急や東急や京成や東京メトロや都営地下鉄、とたくさんの私鉄企業が安全性と利便性とを争うような企業間競争が行われれば、利益追求だけでなくサービスの向上にもつながり、企業改善への足がかりになると思いますが、こっちのような地方都市では、もう独占状態ですものねぇ。電車に乗りたければJRに乗るしかないのです。電車に乗る時も、JRにだけ大切な命を預けなければいけないというのも、本当にそれでいいのか、と考えてしまいます。採算性が合うのかどうか、ということよりも人の命を預る仕事なのだから、安全性を第一に心がけサービスに徹して欲しいと思います。JR系の職員の方の窓口の対応は、正直高校生バイト以下!!市民をなめるなぁ~!!

by tom_motoki_o | 2006-07-31 22:20 | 日常の出来事

KIKKAWA KOJI LIVE 2006 Savannah Night~Club Jungle~

b0082459_18511652.jpgわんぱく相撲の応援の後、秋の団体の打合せのため浜松町の某ホテルに顔を出しました。担当の方とついつい話し込んでしまいました。時計を見ると16:30を回っています。やばい、ライブ会場の神奈川県民ホールの開場は17:30・・・長蛇の列が予想されるため・・・慌ててJRの駅まで走りました。丁度快速列車が走っていない時間帯といこともあり関内駅に着いたのが17:25・・・うぉ~、並びかよ~・・・と思い、会場まで早足で歩きました。会場付近に着くと、まだ周囲はまばらな人の混み方で予想に反して・・・というか、「あ、こんなもん??」というか・・・。そうか、もう場内に皆入ってビッシリなんだぁ~・・・そうでもない・・・。僕が会場に入れたのが開演予定(18:00)の15分くらい前でした。それが隣の列など、まだ一人も席に座っていなかったり・・・え、やばいんちゃうの~・・・席ガラガラじゃんかよ~・・・。心配はなんのその、開演前にはしっかりと席は埋まっていました。ライブも約10分程度遅れてスタート・・・内容は・・・ツアーということもあり、別会場の講演を楽しみにしている人がいるので触れませんが、オーディエンスのこちら側が非常に疲れるライブでした。"Club Jungle"てな感じで題された今回のツアーは懐かしの曲までもディスコ調にアレンジされていて、非常に新鮮な感じを受けました。中には吉川氏が歌いだすまで、何の曲か分からないようなアレンジも・・・。あの曲がこんなアレンジに・・・すげぇっす・・・きっかわさん。ディスコティックなアレンジということもあり、満員のオーディエンスは、ず~とノリっぱなし、踊りっぱなし・・・。完全燃焼!!です。
b0082459_1912795.jpgそうそう、会場に入った時に、「カメラをお持ちの方はこちらでお預かりしますので・・・」と僕のデジカメは没収されてしまいました。会場内で写真を撮るなんて非常識な行為を僕がすると思ったんですかね。データを消されたりするのが嫌でしたので、メモリーカードを抜き取り係りの方に預けました。帰りの際、カメラを受け取る時に傷が入っていないか入念にチェック!!うん、よし。と無事を確認しバックにしまいました。約2時間30分、踊り続けていたのと、歌い続けていたのとで、もう汗びっしょりですわ。喉もつぶれ今も声はガラガラです。会場ののトイレの個室で持っていたタオルで拭ける限りの体の汗をふき取り、顔を洗って、帰路に着きました。

そういえば、吉川晃司氏は現在41歳なんですね。「バカボンのパパには負けない!!」・・・て、この意味分かる人はいるかい?あと吉川氏推奨の「男性5km、女性3km」そろそろ僕もジョギングを再開して、この運動不足で鈍りきった体を鍛え上げないと・・・。両国を出発する時だったか、秋葉原の駅で乗り換えの時だったかなぁ~、西村顧問から「専務もなんかズボンに乗っかってきたよの~」って腹ですか??なぜ分かるんですか??細身のくせに最近やや中年太りしてきた、このボディー・・・。さすが人の体のラインを見るのが仕事の人だけのことはある!!

話は逸れましたが、吉川氏のライブは楽しいですよ・・・ハードですけど・・・皆様一度ライブ会場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

そうそう、会場で配られたアンケートに「今回のアーティスト以外でお気に入りのアーティストがいればご記入下さい。インディーズでも結構です。」とありました・・・GIGANTさん、ディスクガレージさんに売り込んどきましたよ~!!目指せ、メジャーデビュー!!

by tom_motoki_o | 2006-07-30 18:00 | K2

第22回わんぱく相撲全国大会

わんぱく相撲全国大会が東京の両国国技館で開催されました。酒田のチームも6月の山形県予選を3位で突破して無事出場です。

b0082459_13113442.jpg

選手は3名共に頑張ったと思います。残念ながら4年生、6年生の選手は2回戦(初戦)で敗退してしまいましたが、5年戦の選手は2回戦、3回戦と勝ち抜き、4回戦も「お!!勝った!!」と一瞬思わせる内容でした。負けた相手は次の5回戦も勝ち抜き、準々決勝までは進んだようでした。勝負事にたらればをいうのはご法度かもしれませんが、あの一瞬(あわやのシーン・・・相手の足が土俵の外に着いたように見えたんだよね~)で勝負が決まっていたら、酒田の選手が準々決勝まで進んだかもしれない!!そう思わせる惜しい内容でした。

負けて帰ってきた選手たちは皆、ご両親様の側へ寄り添い、試合の分析をして、報告するのでした。その光景を見ていて思ったのですが、わんぱく力士達のご家庭は相撲を通して両親と子どもの関係が円満に保たれているのだな、と。国技である相撲を通して健全な精神を身につけているのだな、と。JCがわんぱく相撲に携わっている意味(青少年育成事業)に間違いがない、と確信したシーンでした。

最後に、キャプテンの6年生の選手が「わじま、ちょっと・・・(手をクイックイッと手招きして)行くぞ!!」と練習会場に酒田JC担当委員長の和島チームリーダーを連れ出すシーンは笑えました。一緒に相撲部屋に寝泊りし、しっかりとコミュニケーションを取れた結果、信頼関係が生まれた(従順関係が逆のような気がするが・・・)ようで、楽しませてもらいました。

b0082459_17385128.jpgb0082459_1739557.jpgb0082459_17394560.jpgb0082459_1739553.jpg









そういえば、両国国技館の脇に「北越製紙ビル」がありました。王子製紙からTOBで株を買い占められそうな北越製紙です。どうなるんですかねぇ。

by tom_motoki_o | 2006-07-30 09:00 | JC

Happy Wedding for Ed & Mayumi-san!!

b0082459_924228.jpg

お友達のエドくんと真由美さんの結婚式が2006年7月29日(土)に開かれました。めでたい、めでたい。涙もろい(?)僕はやはり泣いてしまいました。感動の涙です。うれし涙です。

6年くらい前にとある英語の補助教員(ALT)の方がサッカーをしたいと僕の後輩がチームの練習に連れてきたのがキッカケで、それ以来、ほかのALTの方々と交流する機会があり、お酒を飲んだり、花見をしたり、バーベキューをしたり、と楽しませてもらっています。

そもそもエドくんと知り合ったのは3年前の酒田の花火大会です。England(イギリス)から来たエドくんは確か花火大会の前の日に酒田に来たばかり・・・(前々日だったかなぁ・・・?)でした。日本語なんてほとんど話せなかったです。そんな時代もあったねと・・・。他のALTの人たちと「花火を見に行こう!!」と話をしていて「新しいALTが着たので一緒にいい?」先輩ALTのクリス(クリスはこの年の夏にイギリスへ帰りました)から尋ねられ「Sure!!Welcome new comers!!」その時がキッカケだったわけです。ALTの人たちは短い人で1年、長い人でも3年で帰国してしまうか、また別の土地に赴任していきます。仲良くなってもすぐにどこかへ行ってしまいます。悲しいですが、僕もそんな出会いと別れをこの6年間繰り返しているわけです。

その花火の時に片言の英語で「Where are you from?」「Do you play football?」「Do you like drinking?」などどお話してました。サッカーの母国イングランドから来たエドくんは当然のようにサッカー大好きで「If you want, you can join our team!!Let's play football together!!」と誘っていらい、本当仲よくさせてもらっています。今年の酒田まつりの時もJCの山鉾の引き手に参加してくれたり、その他でもハーバーラジオでパーソナリティーをやったりと英語の補助教員以外にも多方面で大活躍のエドくんです。

エドくんと真由美さんが知り合ったのは、エドくんが日本に来てすぐの9月にあったテニスの大会だそうです。エドくんの一目ぼれだったみたいです。その後、僕もちょくちょく一緒にさせてもらい、2人ともいい雰囲気だなぁ~、と思ってました。でも、僕が気になったのは『数年後のエドくんがどうするのか・・・』ということでした。正直、僕が心配することでは全くないことは承知しておりますが・・・どうすんだろ・・・と。昨年の12月にエドくんと一緒に飲んだときに「酒田の契約もあと半年でしょ?どうするの??」と聞いた(最近の僕らの会話は8割がた日本語です)時、ふとエドくんの左手薬指に光るリングを目にしました。「I engaged・・・」「そうそう。インゲージねぇ。へぇ~・・・イ、インゲージ!?」ビックリするからそういうことは先に言いなさい・・・。口に含んでいたビールを吹いてしましそうになりましたよ。それ以来の2人はとんとん拍子で今日に至る・・・。

b0082459_9443173.jpg冒頭にも言いましたが、僕は感動のあまり泣いてしまいました。エドくんはバンドマンとしても活躍しています。でバンド演奏の際に一生懸命に歌っていました・・・オレンジレンジの「花」・・・「あれ日本語の歌歌えるの??」日常会話はだいたいできるエドくんですが日本語の歌はまた別物です。今まで聞いたことがありません。真由美さんも初めて聞いたそうです。まめなエドくんの性格からして、ず~と隠れて練習していたんだろうな・・・と思うと、その健気さに感動して1回目の涙です。「この!!憎い事しやがる!!かっこよすぎるぞ~!!」今度、吉川晃司の「せつなさを殺せない」を教えてあげようと思います。「『花』よりいい歌あるでぇ~・・・」と。「世界が背いても離しはしない!!」う~ん、まさに2人にぴったりです。





b0082459_953564.jpg2回目の涙・・・最後に新郎(エドくん)から閉めのスピーチ・・・「日本に来てから今までのこと全てに感謝しています。モトキさん、日本に来てすぐにモトキさんのサッカーチームに入れてうれしかったです。」最初に俺かぁ~!?思わぬご指名と、エドくんに出会ったことを思い出していると、なんか嬉しくて嬉しくて・・・泣いてしまいましたよ。後で聞いたら、日本に来てすぐで勝手が分からずにいたところ「サッカーに誘われて日本の友達ができたことが日本を楽しむキッカケになった」というか「リラックス」できたのだそうです。僕の誘いは全然深いものではなかったのに・・・。

僕はカナダにいた時に、やはり周りの人からすごい親切にされた思い出があります。そのお陰でカナダでの1年間の生活を心から楽しめたのだと感謝しています。その思いがあり、せっかく何かの縁で知り合えた異国からの友達が、日本・・・本当にこれはご縁なんですよね・・・しかも酒田にきたお陰で会うことができたわけですので、とにかく酒田にいる間は酒田での生活を楽しんでいってもらいたい、母国に帰った時には「酒田楽しかった」と言ってもらいたい、それだけで声掛けたりしているのに、そこまで感謝されているなんて・・・。カナダの時の思いでも混じって、何ともいえない感謝の気持ちとエドくんと会えたことが嬉しくての、うれし涙だったわけです。

ちなみに日本国民約1億3,000千万人分の1人の真由美さんがイギリス国民約5,000万人分の1人のエドくんに出会い、結婚する確立は65億分の1だそうです・・・。これはスーパージャンボ宝くじの1等が2回続けて当たる確立に相当するみたいらしいです(祝辞の1節より)。しかし2人の運命の中で、2人が出会い結婚する確立は100%だったのだと思います。2人は必然的に出会い、必然的に惹かれ、必然的に恋に落ち、必然的に結婚という道を選んだのでしょう!!とにかく、めでたい。めでたい!!

2人は今日からハネムーンでイタリアへ行きます。「帰ってきたら、また飲みに行こう!!」そう約束して、僕は鶴岡の会場を後にしました。酒田ジャスコ南店 21:45発の高速バスの出発時間まであと50分・・・家に着替えに行って果たして間に合うのか!?・・・

エド 真由美さん 本当におめでとうございます!!いつまでもお幸せに!!

by tom_motoki_o | 2006-07-29 17:00 | 日常の出来事

道路特定財源

昨日、JCのよしみや監事と一緒にお酒を飲みました。「道路特定財源は高速道路を作るためのものではないよ~。一般道の維持・管理・整備のために使う財源をいうんだよ~。」と教えていただきました。僕は浅はかにも間違った認識をしていたようです。勉強になります。

・・・ということは、今年の4月に夕陽ラインネットワーク協議会で「道路特定財源の一般財源化に物申す!!」と自民党本部や東北出身の国会議員の先生方に挨拶回りに行ったのはなんだったの?高速道路と別物なら、関係なかったのでは・・・??あれれ??誰か教えてちょ~だい!!

by tom_motoki_o | 2006-07-29 10:12 | JC

内閣総理大臣選挙について

昨日のTVや新聞にやたらと露出していた谷垣財務大臣。お忙しい限りです。次の内閣総理大臣になりたいのだそうです。正式な出馬表明を発表した!!との報道でした。ご苦労様です。

b0082459_12541281.jpg谷垣財務大臣に関する新聞記事では「2010年代半ばには消費税率を10%程度に繰り上げる」のだそうです。現在の小泉首相は「私の任期中は消費税率を上げない!!」と豪語しておりましたが「任期を追え首相が交代したら、新しい首相の政策によるから私は関係ありませんよ」的なテキトウな発言をしていて腹立たしい気持ちになった覚えがあります。今、反対(税率を上げない)の政策の下に活動しているのであれば、当然、首相でなくなってもその政策には反対してほしい、信念を貫いてほしい、です。小泉首相の秘蔵っ子の安倍さんが次期首相には有力みたいですけど・・・。

僕は正直、消費税が10%でも構わない・・・と考えています。日本の税率ははっきり言って低すぎる・・・僕が1年間暮らしていたカナダでは国税7%+州税7%~8%が買い物をすると掛かりました。100$の買い物をすると14$も税金が加算されます。

日本の問題は、その税金が何に使われているのかハッキリしない、ということではないかと思います。よく報道される議員宿舎が都心のど真ん中で家賃5万円とか、保養所が赤字経営で維持費に税金が投入されている、みたいなことが言われるから、消費税率が上がるとムカつくだけです。しっかりした政策の下、しっかりした税金管理が行われ、しっかりと税金が使われていることが理解されれば、国民の大多数が消費税10%程度なら納得するのではないでしょうか。

消費税の福祉目的税化みたいな記事も目にしましたが、これはどうかと思います。少し前に『道路特定財源の一般財源化』どうこうの話が物議を醸し出しました・・・結局これはどうなったんだ・・・?ガソリン税の一部を高速道路建設や道路維持管理費に充当するはずの財源を、他の財源が足りないから他所で使いたい!!とのことだと理解しているのですが、では今までの税金の無駄遣いを繰り返してきたのに、使う目的のハッキリしている財源を取り崩して他の目的で使うなんてもってのほか、です。まだまだ高速道路整備も進んでいない地域もあるというのにです。「福祉目的税」みたいなことを言っても、どうせまた似たような事態になったら、他の財源として使う、なんて言い出すに違いない・・・。同じことの繰り返しです。

税金の問題は、今までの国の政策の中途半端さ、を露呈したまま新しい形の変わっていくのでしょうか?不透明な税制だからこそ反対されるのであって、使う目的・使った内容の正当性が認められれば何も問題ない、そう思います。

首相選挙の話に戻りますが、麻生外務大臣や安倍官房長官が8月下旬に出馬発表の予定・・・とか新聞に書いてましたが、なぜ1ヶ月も先のことが報道され、なおかつ安倍氏優勢とか優劣まで話されるのか??でなりません。まだやるともやらないともハッキリ表明していないのに!!自民党総裁選挙て自民党内での選挙なのなら、僕らには正直どうこうできないことであって、その人が国のトップに立つというのはなんか理解できないシステムだと思います。

正直、政治の世界は全く意味がわからないことなので、誤って認識している点が多いと思いますが・・・。自分達が住みやすい世の中は自分達で住みやすくしていかないと何もかわらない!!と思います。

by tom_motoki_o | 2006-07-28 13:13 | 日常の出来事

Please call me しょうせい!?

b0082459_2165863.jpg理事会の前に「えっ?」ということがありました。会議の準備をしながら、本日の主役:まさはる委員長とお話していました。すると、まさはる委員長の携帯電話が鳴りました。それに応対したまさはる委員長から(まさはる委員長)「はい、"しょうせい"です。」・・・(TOM)「ん?しょうせい??誰が??」・・・。そう、まさはる委員長はお坊さんであり、普段は「しょうせい」さんと呼ばれているそうです。源氏名というかいわゆるホーリーネームだそうです。Holy Name 聖なる名前・・・かっこいい!!しょうせい・・・響きがいい、ちっちきち~!!(ひびき・・・なだけに・・・)。まさはる=正晴=しょうせい・・・感じの音読みなんですね。かっこいいので、今後、プライベートでは『しょうせい』さんと呼ばせていただきたいと思います。僕も将来子どもができたら、音読みにしてもかっこいい名前を考えたいと思います。まだ見ぬわが子は、もしかしたら仏の道に進み、悟りを開くかもしれませんし・・・。考えすぎか・・・。その前に結婚しないと・・・ですね。

← Please call me Shosei!!

by tom_motoki_o | 2006-07-26 20:00 | 日常の出来事

今、帰りました・・・会社に・・・。

最近、嬉しいことに仕事が絶好調です。体が3つあっても足りません。昨夜も24:00まで会社で書類を作り、今朝も7:00より働いておりました。今も旅行の説明会から会社に戻ったところです。猫の手では、僕の仕事の足しにはならないので、人の手というか助けがほしい・・・。眠気もピークです。家に帰って仮眠を取り、リフレッシュして早朝より働きたいです・・・。明日も、今現在の予定で体がもう1つは欲しいところ・・・。困りましたね。僕は1人だけしかいません。

ネタとしては特別ございません。余裕と余力があれば、こんな日には昔の旅のお話などしたいところですが、今日は勘弁してください・・・。

by tom_motoki_o | 2006-07-25 21:12 | 日常の出来事

Shake your head!! Vol.2

酒田flavorというライブハウスにて"Shake your head!! Vol.2"というライブイベントがありました。GIGANTという名前のバンドが主催です。お友達のAbebeさんより誘われ、初めて参戦させていただきました。

酒田でのライブというと中学生の時に、今の北港緑地でありました"熱き日々"というライブに行った程度です。ちなみにこの"熱き日々"はJCの先輩方が主催されたそうです。昼間から夜までたくさんのバンドが登場して大盛り上がりだった記憶があります。ユニコーン、爆風スランプ、ハウンドドックといった早々たる顔ぶれが出演してました。懐かしい・・・。

ライブ会場の生の音の迫力というものは、当時も今(吉川晃司氏のライブしか行きませんけど・・・)も変わらずに圧倒されます。ライブハウスなんて目の前で直ですから・・・そりゃ~もう、すさまじいです。

b0082459_22393559.jpgb0082459_22433613.jpgb0082459_22462699.jpg









3組のバンドが登場し、4組目にAbebeさんが活動するGIGANTさんの登場です。AbebeさんはBASSギターです。重低音を響かせビートを刻みます!!かっこいい!!会場にはA田氏もいらっしゃいました。隣でしゃべっていても何を言っているのか分からないくらいの大音量!!鼓膜にビンビンきます!!

僕は指先が不器用で楽器など全くさわれません。ギターやピアノ、その他の楽器ができる人を尊敬しています。何よりも大好きなことをいつまでも追求しているAbebeさんはカッコイイです。その生き様がRock!!です。何歳になっても好きなものは好きで続けていたい!!ずっと好きでいたいです。ジャンルは全く違いますが、僕も小さい頃から大好きなサッカーを今も続けています。高校の時の先輩や後輩が偶然にも地元に残っている人が多く当時の部活動のノリでやれる環境があり、恵まれていると思います。Abebeさんのように人様に見せられるようなものではありませんが、いつまでも今のチームの皆と一緒にサッカーをしたい、そう思いました。

Abebeさん、今回誘っていただきましてありがとうございます。またの機会もぜひぜひお誘い下さい。また元気と勇気とパワーと刺激を注入してください。よろしくお願い致します。

by tom_motoki_o | 2006-07-23 23:50 | 日常の出来事

酒田・鶴岡 地区リーグ 報告

7月23日はサッカーデー!!
酒田と鶴岡の地区リーグがダブルヘッダーです。酒田 9:30キックオフ。鶴岡 11:50キックオフ・・・。

b0082459_11392222.jpgあいにく2試合も走り抜く体力は持ち合わせていませんので、申し訳ないのですが、選手が多く集まった酒田の試合は前半だけで交代させてもらいました。公益大グランドでの試合でしたので、フルで出たかったのですが残念です。0-0で前半を終え、鶴岡の試合へ向かいました。後で、試合終了直前の得点で1-0で勝ったとの報告をもらいました。よかった。よかった。酒田地区リーグは現在2勝1敗です。







b0082459_1241159.jpgb0082459_1140510.jpg鶴岡の社会人リーグ戦は赤川グランド・・・。先週続いた雨のためグランドの隅の辺りがグチャグチャと田んぼみたいです。30も越えると、そんなグランドコンディションではテンションがぐんと下がります。しかも、なんか動物園の臭いがします・・・。朝、酒田の2002ワールドカップキャンプ地仕様のグランドでプレーしただけに、このギャップがたまりません。試合はうちのチームのDFの凡ミス連発で0-2と相手にリードを許しましたが、前半で1点、後半に2点をあげ、3-2で辛くも今シーズン初勝利。お疲れのところ次の試合で主審・線審をした大ちゃんと阿部ちゃんは、本当にお疲れ様でした。僕も線審をやるつもりでいましたが、疲労が腰、膝、足首に溜まり、痛みを伴うダルさのためとてもできる状態ではありませんでした。なんか情けない・・・。


写真①上:酒田地区リーグ試合前の風景
写真②下左:主審をする大ちゃん・・・僕と同じで1試合半サッカーをした後なのに、よく走るなぁ・・・
写真③下右:反対側のサイドの線審をする阿部ちゃん・・・カメラのズームがどこまで大きくなるかテストさせていただきました。

by tom_motoki_o | 2006-07-23 17:00 | サッカー