2010年FIFAワールドカップ アジア3次予選 バーレーン戦 結果

昨夜は結局最後まで観てしまいました

0-1 で負け…

ロングボール1本で簡単に折り返されGKの判断が悪く触ったもののパンチングも中途半端で弾いたボールをヘディングで押し込まれ…

トラップがハンドだ…なんだ…とクレームがつくシーンでしたが(あれはハンドでしたけどね…) あれはレフリーに笛を吹かせない微妙なトラップをしたバーレーンの選手のズルさが出した結果… あれくらい僕らの地区リーグでだってやりますよ

日本代表はいつもいつも思うのですがキレイにやりすぎて全然相手ゴールに迫る…てシーンがなかったです
日本代表は攻撃の形らしい形も作れず点差以上の完敗だったと思います

シュートが少ないですよね… ミドルレンジやロングレンジからどんどんシュートを打てばいいんですよ…
ゴールに向かう姿勢を見せないと引いて守る相手を前におびき出すことなんてできない…
毎回毎回同じことを言われているのに修正されている様子も全く感じられない…
形なんて関係なく 不恰好でもいいから とにかくシュートが少なすぎる…
まぁ昨日はシュートよりもパス回しすらダメでしたけどね

あれじゃあ昨日の僕らのチームの練習のミニゲームの方がまともなサッカーをやってた…
多少ムリでもシュート打ったり…

まぁ負けは負け… 日本代表が負けた… それだけです

中東勢に弱い日本代表… 次のオマーン戦も今のままじゃ勝てないでしょうね
よくて引き分け 50-50 で負けんじゃないですか

海外で活躍する選手たち… 過酷日程… が理由で召集されませんでしたが ヨーロッパで活躍していていればアジア予選に参戦するのに日程が過酷になるのは元から分かっているだろうに…
松井大輔選手がいれば…なぁ…と日本代表の試合を観ているといつも思いますね
Tom Japanでは不要論が出ている中村俊輔選手でもいいからいれば今のメンバーよりは戦力になっただろうになぁ…

PS)日本代表のワールドカップ予選よりも6月のヨーロッパ選手権の本大会が楽しみで仕方がないです

by tom_motoki_o | 2008-03-27 09:20 | サッカー