人気ブログランキング |

サッカー日本代表 オシム監督の病気に思うこと

サッカー日本代表のイビチャ・オシム監督が脳梗塞で倒れ、今もなお集中治療室で治療中だそうです…
以前、アテネオリンピックの前に野球の長島茂雄さん(当時野球オリンピック代表監督だった)が同じように脳梗塞で倒れ、代表監督をお辞めになりました
回復なされても当然指導することはできないでしょうし仕方のないことだと思います

さてサッカー日本代表は年明けから2010年の南アフリカワールドカップのアジア予選が始まります
代表監督就任いらい『オシム・イズム』を浸透させるべく結果よりも内容を重視した親善試合や各種大会を経験してきました
夏のアジアカップでも4位に敗退し、まだまだ『オシム・イズム』は浸透しきっていない…のだと思います

前任のジーコ監督は選手の個性に任せるような『放任主義』の監督でしたが、オシム監督はチームのルールを徹底的に決め、特に運動量を求めるサッカーをこれまで展開してきました

これはドイツのワールドカップでグループリーグで惨敗した日本代表の方向性を全く逆の方向に向けるような違いがあります
日本のサッカーは『個の力』では勝てない…そう判断されたためだと思います
チーム内で統一の思想にのっとった中で選手の個性をどう生かしていくか…オシム監督の目指すサッカーは日本代表にとって活路となるものだと1ファンの立場の人間でありながらも期待させられるものでした
ジェフの監督時代は弱小ジェフをヤマザキナビスコカップで優勝させたりJリーグでも上位争いができるチームに生まれ変わらせました
ジェフで育った阿部勇樹選手は浦和レッズに移籍し先日のACL優勝に大きく貢献し、今のサッカー日本代表の中心選手にまで成長しました

病気ですので仕方がないのですが成長途上のサッカー日本代表の監督交替はつらいですが、まずはオシム監督が病気を克服されることを心から祈っています

by tom_motoki_o | 2007-11-17 18:30 | サッカー