人気ブログランキング |

JC第55回全国会員大会郡山大会

10月7日(土)-10月8日(日)
JCの全国会員大会が郡山でありました。
b0082459_11482015.jpg
郡山と比較的近いところでの開催であったため酒田JCのメンバーも26名参加してきました。土曜日の先発隊はバス移動でしたが、高速道路・国道が悪天候のため閉鎖され、通常4時間もあれば着く郡山でしたが8時間もかかったとのこと。ご苦労様でした。土曜日仕事で日曜日の朝4時に酒田を出発して式典から参加したメンバーもいました。その心意気に感動しました。僕は7日の坂本君の結婚披露宴の後、理事長、西村副理事長、ガキさんと一緒に現地に入りました。ぼくは今回で3回目の全国大会の参加となりましたが、前々回の水戸大会、前回の姫路大会よりも酒田のメンバーが多いという点で嬉しかったです。準備の段階での不手際があり州さんから怒られてしまいましたが、それは当然、僕ら事務局側が気を配らなければいけない部分ですので、素直に反省したいと思います。申し訳ございませんでした。
b0082459_11564957.jpg
サプライズ・ゲストは歌手の平原あやかさんでした。名曲「Jupiter」「誓い」「スタートライン」の3曲を卒業生へのエールの変わりに歌ってくれました。ただ最初の2曲は大会式典の最中だったので「卒業生への・・・」というよりも「主催者のために・・・」という感じがあり、果たしてそれでいいのか?という疑念を同時に持ったのも事実です。『誰のためのサプライズ・ゲストなのか』というのは本当に大切なこと。今回はメンバー全員のためではなく、あくまでも卒業生への贈り物であるわけで、あの場面での登場は正直おかしい、主催者側の勘違いであったと思います。ただ普段は吉川晃司氏の楽曲しか聞かない僕ですが、さすがに「Jupiter」は何度か耳にしたことがあり、「everyday I listen to my heart・・・」と始まった時に「うぉ~・・・」と鳥肌が立ってしまいました。素敵な歌ですね。キレイだし。感動です。卒業生にあやかって僕も楽しませてもらいました。ありがとうございます。写真載せていいのかなぁ・・・
b0082459_1252150.jpg
毎年そうですが、今年の卒業生にも個人的に深い思い入れがあります。西村顧問は僕が入会した年の理事長をされていて「西村さんのように人前で格好よく話せるようになりたい!!」と憧れの存在であるし、吉川監事は、僕がJCのことで分からないことがあり凹んでいる時に「どした?んだが?まぁいもんだ!!」と掛けてくれる声に救われたことが多々あり感謝しておりますし、とっきーさんは「俺、こういうな嫌いだなや~」というのが共感がもて良い兄貴的な存在であり、州さんは僕のことを下の名前で呼んでくれて、それがとてもうれしく・・・。酒田JCでの卒業式では、すっきりと成仏・・・言葉が悪いなぁ・・・晴れやかな気持ちでご卒業していただけるように、お持て成しをしたいと思います。

現地で全く会えませんでしたが、会務の佐藤大ちゃん、こんにゃく担当の宮田さん、ブロックの関連委員会に出向してブロックとLOMの意見の違いに板ばさみだった保科さん、本当にありがとうございました。

いい意味でも悪い意味でも、いろんな意味で勉強になった全国会員大会だったと思います。

by tom_motoki_o | 2006-10-08 20:00 | JC