人気ブログランキング |

むずかしい...から...おもしろい...^^

昨日のサッカーの試合の件です。
ま...危なげなく勝ったんですけど...ね (4-1)。

失点のシーンも長めのシュートがふわり...と...
うちのGK曰く「上に外れると思った」...てことですがモロ普通のコースだったんですけど...^^;
風でうまく流れてス〜と入った感じ...。
4-0とリードしてたので...痛くも痒くもない失点なんですけど...
そういう楽な展開なら...どうせなら4-0で勝ちたいですよね。
ま...判断ミスは本人も悔やんでたようなので...次はない...と思いますよ。

そのシーンの問題はシュートを打たれる前に中盤でケアに行けなかったことかな...。
1ボラ(ほりこし)が頑張ってくれてたから...あそこまで「ボラがケアして!!」とは言えません。
逆サイドが絞っていれば対応できた...その指示をするの...センターバックしてた僕がしないといけなかったんですよね。
目の前の相手FWのマークで完全に広く見ることができなくなってた...。
30年ちかくやってても...こういうミスするんだから...むずかしいです。

後ろの広いところでボールを受けたかった...と思って距離をとろうと下がったところで...前にボールがでた...もちろん合わず相手からカット...。意思疎通ならなかった...だとしたら、やはり「声」で欲しい所をしっかりと要求して動く...その一声があることで味方を助けられるんだよね。

前半は風上だったのもあったけど...長いボールを入れて走る...歳いって体力のないうちらのチームが一番やってはいけないゲーム展開をしてしまったかな...。
センターバックしてると、前が広くよく見える。
MFより前が裏、裏に張って動かない...そうなると相手DF裏に目掛けて落とすボールしか出せないですね。
風上で流れて...FWも追いつけない...そういうシーンもあったな...。
1ボラ(ほりこし)だったのもあるけど...常にボランチが間で顔出して受けて繋いで...てのもツライからセンターハーフがもう1枚受けるような動きをしてくれないと...ボール回らないな...と思った。
結果、長いボール蹴る→走る距離長くなる→疲れる→後半足止まる...負の連鎖。
別にそういう展開が悪いってワケじゃないんですよね。
それ一辺倒だとしんどくなる...ということ。時には速攻でFWに走ってもらうようなボールを出すのも必要です。
パス1本でシュートまで持っていければ、一番楽ですからね。
でも、それが一番難しいんですよね。

風下になった後半は、1ボラ(ほりこし)が僕とかがボール持った時に縦で受けてくれてサイドに叩く...て繋ぎのプレーをけっこうしてくれてたので一番後ろから組み立てるもの楽だったかな。
球足が伸びる風上の時こそ、そういう繋ぎのプレーって大切だな...と思った。
むずかしい。

真ん中のマークが足りなく、そこに気を取られてサイドバックの裏のスペースへのカバーリングが遅れた...というか行けなかった...。
そこも1ボラ(ほりこし)が戻って対応してくれたから事なきを得たけど...前は走れたから迷いもなく、あぁいうボールへもカバーリングに行けたんだよな。
歳のせいにはしたくないけど...判断力が鈍ってる...と思った。

あと...ビシッと強いボールを蹴ってると思ったら...チョロっと威力のないボールしか蹴れてない...^^;
いつものように夜にビデオで自分たちの試合を見てて思った...。

改めて客観的に自分たちの試合してるのを観るの...って、おもしろいというか...サッカーの難しさを再確認できて...いいですね。
それを見て...「じゃあ、こうしよう!!」「あぁしよう!!」とかチームでの決まり事を決めていくと...まだまだ強くなれるな...と。

サッカーだけじゃないですけど...「むずかしい」から「おもしろい」んですよね。

by tom_motoki_o | 2012-07-09 23:00 | サッカー