2ケ月...

...経ちました。

嫁さんのいないアパートでの生活では...やはり心にぽかりと穴が開いたような感じで...。
嫁さんの写真にぶつぶつと話しかける時間が多いです。
なんてことないことなのですが...語りかけ...返ってくるであろう言葉が心に浮かんできます...。
それでまた、涙したり...。

たくさんの人に支えられ...僕自身はなんとか日常を取り戻しつつあります...。
仕事も普通にしておりますし、出なければいけない会議等には極力参加するようにしております。
ただ、気持ちの面での不安定なのは...まだまだ...で。

体もほぼ治り...痛みもほとんどありませんが...まだ完全にはくっついていないのか...今、若干風邪気味で...咳き込んだりすると...骨折してるところが響いて苦しくなります。
その程度...。

今週、レントゲン検査の予約日で病院に行ったのですが...予約時間から2時間も待たされ(説明なし)...午後の仕事の約束の時間が迫ってたので...診察もレントゲンもとらず...「どうなってんだ!!今度いつ来たらよいか連絡くれ!!」と言って帰って来ました。
まだ、完治していないのは自分でもなんとなく分かるので...半月後に行くことにしました。
レントゲン代1回分得したかな...と前向きに...。
待ってる間に「北方 三国志」の1冊を読み終えましたし...(3周目ですが...)。

胸の痛みも治まってきたので...そろそろサッカーしたいな...とか思ったり...。

前向きに...とか、心機一転...とか、簡単にできることではないですね。
改めてそう思いました。
「時間薬」とどなたかおっしゃってくれましたが...徐々に効いてきてきているのかと思いますが...。
あの日のことを思わない日はないし...嫁さんのことを考えない日はありません。
想うこと、思うこと、前向きも後ろ向きも、心に留めておくことは同じなんだと思います。

本当、毎日当たり前のように目覚めて新しい時間をもらいますが、とても特別なことなんだと思います。
誰だったか...
「『今(現在)』って英語でなんて言うか分かる??『present』。プレゼント。神様がみんなにくれる特別な贈り物なんだよ。」
...というようなことを言っていたのを覚えております。
『今』があるのは『特別な贈り物』...今回のことで本当に痛切に感じております。

久々だけど...相変わらず意味不明だわ...。

by tom_motoki_o | 2010-11-19 10:09 | 日常の出来事