消費税

お友達も書いてましたので...乗っかります...。
日本は消費税の設定税率が低すぎる!!
...これ本当。

ちょいちょい出てくる僕の昔話ネタ...25~26歳の時の1年間、生活していたカナダのブリティッシュ・コロンビア州では...当時、買い物すると...国税:7%+州税:7%の計14%が消費税的に加算されておりました。
バンフ、ジャスパーなどのカナディアン・ロッキー観光リゾート地がある、おとなりのアルバータ州は州税が8%だったような...。
10年前でこうでした...。
カナダの国の財政状況がどうかはよく知りませんけど...。
別に働き先のオーナーもそれに関して不満があったようでもなかったなぁ...。

ヨーロッパでは教育・福祉の行政サービスが充実している半面、消費税的な税金が20~25%...て国もある。
生活必需品は税率が低かったり...贅沢品は税率が高かったり...て国もあるみたいだけど...そうなると、仕事によっては課税率が負担になって首が絞まるとこもあり、不公平感があるので...どうかと思う。
消費税が上がるのはかまいませんがね...何に使うか...ですよ。

自分らだけでは何もできないみんなの党がいきがるのも腹立たしいですが...アジェンダ、アジェンダ、うるさいんじゃ...。
でも...正論を言ってるように思うんです。
消費税上げる前にやることがある。
天下り法人問題や国会議員、国家公務員の人件費問題...そのムダをなくすだけで相当な国の借金が返せる...てな記事を新聞かなんかで目にしたような気がします。

そもそも...国会議員の議員定数...あれで妥当な数なのか??
人数減らせないのか??
比例区...ってなんだ??
最初は...人口比率から来る1票の格差...てのを公平にさせるための策として比例代表区...みたいなのが出来たように記憶してるのですが...。
そんなの必要なのか??
この前の参議院選挙だって、各都道府県の人口にあわせて「1人区」「2人区」とか分かれてたじゃん...。
それだけでいいんじゃないの??
大変な仕事をしているんだから国会議員の給料は今のままでもかまわない...と思いますけど...人数減らしてもいいんじゃない??
それに...国がとてつもない赤字なのにボーナス払うてのもいかがなものか...と。
累積800兆円も赤字だったら...一般の企業なら賞与なんて絶対に出せないでしょ??

平民のひがみ...かもしれませんが...そういうところを国民が納得できるように対処してから...。
消費税UPはそっからでもいいんじゃないんでしょうかね??
今の民主党の消費税の話は...「ばらまき」の補填なんじゃね??...て思われてるんだから...納得させられないんなら、まだまだ時間が必要だということです。

消費税と話変わりますけど...池上さん、谷亮子に「試合と国会どっちとりますか??」って聞いたとか。
あんたのしたいスポーツ振興って国会議員になってやることなのかね??
むしろ、今の柔道家:谷亮子として訴えていった方が世間をなびかせる力があるんじゃないのかな??
そもそも...何かしたいなら...衆議院選挙に出るべきなんじゃないの??
...と思うのは僕だけか??

こんなんどうでしょうか??

by tom_motoki_o | 2010-07-13 12:34 | 日常の出来事